取引所から200億円相当が不正流出!イタリア

イタリア.png
「取引所から200億円相当が不正流出!イタリア」


日本に続き今度はイタリア...


イタリアの仮想通貨取引所

「ビットグレイル」

から名称変更をしたばかりの仮想通貨

「ナノ」

不正流出し、その額なんと

「約200億円」

にも及んでいる。


不正流出の原因は

「ハッキング」

によるものだと同取引所は明らかにして
いるが、

先月から1日当たりの出金できる金額に
制限(1日最大10BTCまで)
を設けており、

ネット上では、匿名の経営者による

「持ち逃げ疑惑」

も浮上している。

また、同取引所CEOとナノ開発チームには
互いに意見が合わず協力関係にはない
ため
解決は絶望的である。


また、これらの事案そしてコインチェック
への不正アクセス事件
によりハードウェア
ウォレットの需要が急増
している。


ハードウェアウォレットは、

「メーカーから直接購入することが鉄則」

であり近年、品薄状態が続いており、
信頼度、シェア共に人気No.1となっている
Ledger Nano Sは品切れ状態が続いている。

在庫が復活しても即完売となり、次回の
入荷が未定となることが多いため、予め
余裕を持った購入が必須
となる。

今後はハードウェアウォレットの所持が
必須、当たり前の時代となることから、
自身の資産保持の為にも1日も早い導入が
推奨されています。


正規品のハードウェアウォレットは下記の

【Ledger Nano S】

-------------------

当ブログでの仮想通貨に関する記事は【コチラ】

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」品切れ間近!
【詳しくはコチラ】


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
ビットコイン
Ledger Nano S(レジャーナノエス)


この記事へのコメント